Text Size :  A A A
|  Top  |  Work  |  Diary  |  Profile  |  Contact  |  Link  |

何度もお仕事でご一緒させて頂いている、写真家の野寺治孝さん。
私のデスクトップには、野寺さんの写真がどーんと映っている。
どこか外国の建物の、内側から窓の外を眺めている写真だ。
細かく区切られた緑の木枠の窓からは、海が見える。道が見える。工場が見える。
木枠やカウンターには、誰かの落書きやナイフで掘った文字が見える。
空は青く晴れているけれど、夕日の黄色も差し込み、切ない気持ちになる。

毎日毎日目にするので、今となっては、まるで部屋の一部と化したこの風景に、
現実で出会ってしまったら私はどんな気持ちになるのだろう。

Img_a3052601c340a0157ca5439fdbc05495a03b9480

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする